注目キーワード
人生の出来事をあなたはどう捉えますか?「経験」それとも「壁」ですか?

人生再生大学

人生は何歳からでもチャレンジできます あなた次第!

人生は考え方でいくらでも自由に変えられます

人生再生大学の学長けんいちです   今回は 【普段使っている「ことば」の効果】   私たちが普段使っている「ことば」には 様々な効果、力があります。     日本だけではなく、世界中で 研究されています。 有名なマザーテレサの言葉にこんな ものがあります。     【思考に気をつけなさい、それは いつか言葉になるから   言葉に […]

【成功に必要な力とは?】

人生再生大学の学長けんいちです 今回は【成功に必要な力とは?】です。   学習塾を経営して塾生を 指導しているとある事に気づきます。     「質問」の仕方の違いが 「成績に比例している」という点です。       分からない事が有った場合 人は次の4つに分かれます。   ①質問しない人 ②質問してくる人 ③より良い質問をしてく […]

「成功」&「目標達成」には【量と質】が必要

人生再生大学の学長けんいちです   今回は 「成功」&「目標達成」には【量と質】が必要 です。   何事においても言えることだとは思いますが、 成功や目標達成、勝負事に勝とうと思ったら     それなりの「量」をこなすことは必要だと思います。   数多くの失敗や回数を経験することが 成功や目標達成には必要です。   そして 先ずは相当な「 […]

「成功者にあるたった一つの共通点」とは?

人生再生大学の学長けんいちです 今回は 「成功者にあるたった一つの共通点」とは? です。   突然ですがあなたは今   何のために働いていますか? 誰のために働いていますか?   生活のためですか? 家族のためですか? 自分のためですか? 夢のためですか?     理由はそれぞれあって いいと思います。   私自身も社会人になったばかりの […]

「成功に必要なモノは4つ」

人生再生大学の学長のけんいちです   今回は 「成功に必要なモノは4つ」 についてです。   結論から言うと   ①一人でしない ②想いを話そう ③仲間を集めよう ④分担しよう   の4つです。   私はこれまで「ひとり親方」状態で 20年ほど塾の経営をしてきました。   その間、ほとんどのことを 「一人で考え」 「一人で決め」 「一人で […]

月給20万と30万、あなたはどちらがいいですか?

人生再生大学ブログ学長けんいちです   今回は 20代~30代の社会人の方へ質問です。   「月給20万と30万、 あなたはどちらがいいですか?」です。   ほとんどの人が、金額だけで判断するなら 当然、30万円と答えますよね。   でも、ここで仕事内容を確認します。   月給20万円の仕事内容は 朝から晩まで勤務して、休みは月に4日   […]

面談・商談・交渉・セールスするときの 4つのポイント

人生再生大学の学長けんいちです   今回は 「面談・商談・交渉・セールスするときの 4つのポイント」 です。   1つ目は「相手の話をよく聞くこと」です。   特に何かを勧めようと思っているときは 必ずそうした方がいいですね。   相手がどう思っているのか知るためです。     相手の考えを知ることで、 どういう風に話を持っていけば良いの […]

その気になれば、「人脈」は0からでも作れる

人生再生大学の学長けんいちです。   今回は その気になれば、「人脈」は0からでも作れる です。   社会人になって、結婚をして家庭を持つと 徐々に疎遠になっていくもの それは「人脈」です。   普段は家と職場との往復となり、休みの日は ごくごく限られた人と過ごしたりと なっていくのが一般的です。   気がつけば、 友達や新たな人との繋がりは薄くなっています […]

コロナ禍でも負けない、 今だからこそ個人が起業・ビジネスを始めるチャンス

人生再生大学の学長けんいちです。   今回のテーマは 「コロナ禍でも負けない、 今だからこそ個人が起業・ビジネスを始めるチャンス」 です。   2020年から現在も世界中に影響を及ぼしているコロナ。 出口がまだまだ見えない中、 大変な生活を多くの人が毎日送っています。   今回のコロナの影響でリモートワークという zoomなどを活用した 働き方が一気に普及しました。 […]

子供の学力的なお悩みをお持ちの お母さんに向けて

人生再生大学の学長けんいちです。   今回は   「子供の学力的なお悩みをお持ちの お母さんに向けて」です。 結論、   『勉強は時間をかけて 信じて支えていくことです』   私はこれまで京都市内で塾業をやってきて 多くの子供さんを指導してきました。 中でも今でもよく覚えているのはやはり、最初の生徒たちです。     その中でも印象深い生 […]