注目キーワード
人生の出来事をあなたはどう捉えますか?「経験」それとも「壁」ですか?

【成功に必要な力とは?】

人生再生大学の学長けんいちです

今回は【成功に必要な力とは?】です。

 

学習塾を経営して塾生を

指導しているとある事に気づきます。

 

 

「質問」の仕方の違いが

「成績に比例している」という点です。

 

 

 

分からない事が有った場合

人は次の4つに分かれます。

 

①質問しない人

②質問してくる人

③より良い質問をしてくる人

④さらにより良い質問をしてくる人

 

 

①の「質問しない人」は今回のテーマ

には関係無いので触れません。

 

②の「質問してくる人」の特徴は

「◯◯が分かりません。」

とすぐ答えを求めようとしてきます。

「思考停止型」の人間です。

 

 

スマホやパソコンが普及して

いろんな情報がインターネットに

出ているにも関わらず

すぐに頼ろうとします。

 

 

「ここまでは調べた。」

「ここまでは解いたけれど

この先が分かりません。」

のように少しでも行動していれば

質問がより具体的になります。

 

 

 

「行動停止」しないで

出来るところまでは動かないと

答えを教えたところで

「考える力」と「行動する力」

を持たないと成果を出すことは出来ないです。

 

 

 

③の「より良い質問をしてくる人」は

「何」が「どのように」分からないか?

を明確化して質問をしてくる人です。

 

 

「どのように」というところが

とても重要です!

 

 

「ここまではやってみたけれど、

うまくいかない。どこがおかしいのか

教えてください。」

と質問をした場合だと

具体的で非常に効率も良く

明確ですよね。

 

 

ここでのポイントは

⒈自分で勉強している(行動している)

⒉どこでつまづいたのか?

⒊つまづいた箇所の分析

 

 

この思考プロセスを追う

事が重要です。

すぐに頼るのではなく

どうしてそうなったのかを

見つけるようにすると力が付いてきます。

 

 

 

④「さらにより良い質問する人」は

相手の事をちゃんと配慮してから

自分の質問をするです。

 

 

 

「お忙しい中失礼します」

「お時間のある時にお返事して

頂けましたら幸いです」

 

 

この一言を付けてからの

質問だと答える方も

気持ちよく丁寧にお返事しよう

出来るだけ分かりやすく答えよう

 

という心理が働きます。

 

 

このように

正しい質問の仕方を

身に付けることは

圧倒的成長に繋がります。

正しい質問の仕方を身に付けると

無駄に質問しなくなります。

 

 

行動する→疑問や問題→調べる

→解決→成果が出る

 

 

行動しないと結果や成果は出ません。

質問の仕方を身に付けて

圧倒的な成長をしましょう!

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!